メンバー紹介

石宮 秀一(いしみや しゅういち)【管理者 看護師】

皆さま、はじめまして!

このたび管理者をさせていただくことになりました石宮と申します。

医療機関・社会福祉施設にて、消化器内科・脳神経外科・超重度心身障害者(医療ケア児看護含む)の看護経験を積んできました。

個々のご家庭の長年親しんできた環境とその中で築かれてきた『普通』をベースに、疾病や体の状態に合わせた個別性を考慮した看護を提供させていただきたいと考えています。

また、ケアーズ札幌は一つの目標として、サービスを提供させていただく利用者様へ笑顔や安心を少しでも持っていただくということを掲げています。

サービス提供をさせていただくスタッフ一人一人が明るい人間関係を築けることができ、働きやすい環境を日々構築できるように努力を惜しみません。

 当然のことではありますが、利用者様と働くスタッフが『win-win』な状態でのサービス提供が目標です。
 
地域の中で信頼関係を構築していくために、かかりつけ病院のお医者様やケアマネさん、医療・福祉機関におかれましては、端的・スムーズな報告・連絡を心がけ、利用者様が少しでも安心して生活を送っていただけるような連携を取れるよう努めて参ります。
 
趣味は、家庭菜園とジャズピアノを弾くことです。ジャズピアノは年に数回ライブなどを行ってきました。ジャズに限らず音楽全般が好きです。

訪問時には相談・助言などはもちろんですが、音楽・草花が好きなご利用者・ご家族がいらっしゃいましたらそちらも是非お話を聞かせていただければと思っております。

みなさま、今後ともどうぞよろしくお願いします。
 
ケアーズ札幌訪問看護リハビリステーション
所長 石宮 秀一


廣部 真弓(ひろべ まゆみ)【看護師】


こんにちは。ケアーズ札幌訪問看護リハビリステーションの看護師の廣部です。

北海道の厳しい寒さも和らぎ、春の日差しを感じることができるようになってきた今日このごろです。

いつもなら、春になり活動される方も多いと思いますが、まだまだコロナが収まる兆しも見えない中、体調を維持されるのも大変だと思います。

そんな中でステーションの開設に伴い、皆様の生活に伴走できる地域に根付いた訪問看護ステーションを目指していきたいと考えております。

5月からの開設にはなりますが、皆様とお会いできるのを日々楽しみに開設準備を進めておりますので、よろしくお願い致します。

何卒よろしくお願い申し上げます。


H.N【看護師】

初めまして。このたび、ケーアズ訪問看護・リハビリステーションの一員になりました、看護師のH.Nです。

以前私は一般病棟・外来・内視鏡室で勤務をしてきました。病院では治療をしながらも自宅で過ごしたいという患者様への支援にも携わらせていただき訪問看護の良さを知りました。

訪問看護の仕事は初めてですが、利用者様、ご家族様の意志を尊重し安心して在宅生活出来るよう努力していきたいと思います。

何卒宜しくお願い致します。


佐々木 翼(ささき つばさ)【理学療法】

私は、総合病院で急性期から生活期までの幅広い期間でリハビリテーションを経験してきました。

急性期のリスク管理の知識や、生活期の退院前訪問指導の経験を活かして、その利用者様の病態や運動機能に合った理学療法や生活上の改善点についてアドバイスさせて頂きます。

また、運動器や脳血管、内部疾患など複数の診療科を経験してきたため、多くの利用者様のリハビリテーションを行うことが出来ます。

趣味は読書です。医療分野だけでなく、自己成長に向けた勉強などをする事が好きです。

木村 亮介(きむら りょうすけ)【理学療法】

みなさん初めまして、理学療法士の木村です。

このたびご縁がありまして、ケアーズ札幌の一員として加わらせて頂きました。

私の経歴として、病院勤務時は急性期では主に整形や糖尿病内分泌、腎臓等に携わっていました。

回復期では上記に加え呼吸器等様々な分野に携わらせて頂きました。

訪問看護では、より利用者様の生活に寄り添った関わりが持てるので、自分の経験とスキルを活かし皆様がよりよい生活が送れるよう全力でサポートさせて頂きたいと思っております。

リハビリが苦ではなく楽しいと思えるような関りができるよう心掛けておりますので、当ステーションの利用が皆様にとって有意義で楽しい幸せな時間になるよう精一杯努めさせて頂きます。何卒よろしくお願い致します。